いまここえん

園児募集中・随時見学受付中

『いまここえん』は、新しいこどもたちの育成の場です。

生きるていること、命があることを、自然や人から学びます。 そして、カミが命を与えているという自然の摂理から「生きる力」を学びます。 命とは愛であること、自然は愛そのものであること、 地球は愛あふれる世界であることを学びます。

一つの命を大切にする。 草も、花も、動物も、友達も、親も、一生懸命生きていることを観察します。

小さな頃から「命」という尊い存在を感じ、みんなが一人一人素晴らしい存在だと信じて 成長していく場です。

親からの愛は、親と同一化したまま3歳までに記憶されます。 そして、3歳からは「自分自身」という存在を感じながら、心と体が成長する、個人とな

る最も大切な時期でもあります。

こどもたちが、自分自身を信頼し、人を信頼し、自らの思い、感じ方、才能を表現できる ように、分かち合いと承認しあえる素晴らしい環境を一緒につくりましょう。

一般社団法人ミソギアカデミー 代表理事 大上道子
いまここえん園長 小長井幸恵

《いまここえん》

理念 いのちの大切さを一人一人が実感できるように、命は愛であると実感できるように 一人一人のあるがままを愛します。

方針 いのちの大切さを学ぶ保育 愛にあふれる保育

目標 1、自分のいのちを大切にできるこども 2、友だちや自然すべてのいのちを大切にできるこども 3、自分で自分のお世話ができるこども 4、自分自身の気持ちを正直に伝えられるこども 5、想像力、発見力、観察力、優しさ、行動力、才能を発揮できるこども 6、おとなとこどもが、一緒に遊び、一緒に学び、一緒だと感じられるこども

◆いまここえんでは、大人たちは「こどもたちのサポート役」です。

・今日はどうやって遊ぼうか、

・何を育てようか(生きている植物たち、動物たち)、

・お腹が空くのはなぜかな?お昼はみんなで作ろうね、

・みんなでできるね、楽しいね。お昼の準備も後片付けも一緒にやるよ、

・お掃除するのはなぜ? きれいだと気持ちいいね、

朝のお掃除、終わりのお掃除も一緒にやるよ、

・こどもだっていっぱいお話ししたいことがある!
 お話し会もつくっていくよ、

・得意なことは何かな?好きなことは何かな?、 いろいろチャレンジして見つけていこう、

◆生きているということは、毎日「生活している」こと。 「お父さんさんが何をしているか」

「お母さんは何をしているか」を知ることはとても大切です。

小さなこどもには大人の心がエネルギーとして全て伝わります。言葉にできなくても、大 人の抱える感情や問題、幸せや喜びも伝わるのです。そのために、お父さんお母さん自身 が心に何を思っているのかに気づいて、こどもに伝えてあげることはとても大切です。

そして、社会性の礎(いしずえ)はお父さん、お母さんです。家の中のお父さんお母さん の役割があり、お父さんお母さんのお仕事は、大切な誰かの役に立っていて、関係する人 に喜ばれています。家族は最初の家族であり、そして外にいる人々や社会が大きな家族で あることの礎として、お父さんの生き方やお仕事について、お母さんの生き方やお仕事 (会社や家のお仕事も含めて)についてお話ししましょう。


そして「いまここえん」では、遊びの中に生活に必要なことを経験しながら過ごします。 例えば思い違いからの言い争い、思いが通じないことへの行動的な反発や反抗、大人は、 単純にケンカと捉えてしまう行動ですが、こどもたちはうまくいかないことへの反応をわ かりやすく行動します。こどもたちにまかせて見守ることで、こども同士が自ら考えた り、反省したり、助け合うことを経験していきます。

そして、見守る時にとても大切なことがあります。それはこどもたちそれぞれにリズムが あることです。

得意な子は苦手な子を助け、早い子は遅い子を助けるように、自分のリズムを大切してい きます。すると、お家に帰っても家族が助け合い、一緒に生きる上で大切なことが身につ いていきます。

見守る大人は、できるようになるまでやり方やあり方を教えて見守ります。

声をかける時もあるし、黙って見守る時もあります。そしてこどものペースを信じます。 待ちながら、できないところには手を差し伸べて助け合います。

保護ではなく、寄り添い役として、こどもを信じて「できるを応援」します。

◆食を大切にします

命を育むのは、生きていた食材たちです。それは私たちの体(細胞一つひとつ)になりま す。いまここえんでは食材を大切に厳選します。化学調味料や合成食品は命を傷つけま す。そこで「生命力のある食材=できるだけ採れたての新鮮な食材」を命に感謝をしてい ただきます。

今食べたものは、どこの細胞になるのかな? 生きているエネルギー、動けるエネルギー になるんだね、と感じられるようになります。関わる大人にも大切な食育です。

◆お父さん、お母さんも参加します。 お父さん、お母さんも、こどもと一緒に「命」について学びます。

お家で、命の大切さを一緒に感じたり、話したり、感謝したりすることは親が子供に与え られる「愛」そのものです。

さらに「いまここえん」では、お父さんお母さんのために「being school」命の学校を開 催しています。

(詳細は別にご案内します) ・親子のエニアグラム ・夫婦のエニアグラム ・ありのままでOK 本音で語り合う親子のワークショップ

安心して過ごしてもらえるように見学体験会を開いております。(予約制) 気軽にお問い合わせください。 スタッフ一同「いまここえん」の全ての扉を開いてお待ちしております。

いまここえん
〒 419−0202 静岡県富士市久沢1566−6
 代表TEL:0545−88−1550

入園のしおり

◉入園資格・利用定員について

 入園時、3歳~5歳児(就学前)

 利用定員:7名

 異年齢縦割保育

◉保育時間

(1)通常保育 

 月曜日~金曜日 9:00~14:30

(2)一時保育・体験保育

 ①1日       9:00~14:30

 ②午前(お昼あり)9:00~13:00

 ③午前(お昼なし)9:00~11:00

◉休園日について

 土曜日・日曜日・祝祭日

 その他、特別な理由でお休みすることがあります

 夏、冬、春の長期休みがあります

◉いまここえん 1日の流れ

    9:00 「おはよう」自由遊び

 10:00 朝のつどい 曜日の遊び

 11:30 昼食(支度、片付け)好きな遊び

 14:00 片づけ、おはなしのかい

 14:30 「さよなら」

◉曜日の遊び

 月曜日 外遊び

 火曜日 お料理

 水曜日 にじみ絵、お料理

 木曜日 いまここの日、お料理

 金曜日 散歩、お掃除

◉年間の行事

 春【 端午の節句、梅仕事 】

 夏【 七夕 】

 秋【 お月見、芋掘り、柿狩り 】

 冬【 年末年始、ひな祭り 】

 ※その他 季節ごとに野菜や果実の収穫などが入ります

◉お昼ごはんについて

 月・金曜日・・・お弁当の日(ご家庭でご用意ください)

 火・水・木曜日・・・手作りごはん

 ※手作りごはんは、園で育てたお野菜、地域の安全で新鮮な食材を使ってみんなで作ります

 ※アレルギーのある場合は、ご家庭と連携して対応します

◉服装、持ち物

・動きやすく汚れても良い服装、靴、帽子(自分で着脱できそうなもの)

・リュック(シール帳、水筒、ハンドタオル、ハンカチ、ティッシュ、歯磨きセット)

・着替え一式(服上下、下着、靴下を布袋に入れて園で一ヶ月保管、その都度補充します)

※持ち物には、見えやすい所に名前を記入してください

◉保育料について

(1)通常保育(月額)

   月 謝 33,000円(税込)

   お昼代   7,000円(税込)

   合 計 40,000円(税込)

  ※その他

   教材費等で必要な費用は、必要時集金します

(2)一時保育・体験保育(日額、税込)

   ①1日        5,000円(税込)+お昼代 600円(税込)※

   ②午前(お昼あり)   4,000円(税込)+お昼代 600円(税込)※

   ③午前(お昼なし) 3,000円(税込)

   ※月・金曜日はおにぎり弁当持参、火・水・木曜日はお昼代600円をいただきます

◉欠席の場合

・当日朝8:45までに電話連絡をお願いします

・以下の疾患は出席停止になりますので、わかり次第連絡をお願いします

(インフルエンザ、おたふく、麻疹、風疹、水痘など)(手足口病、溶連菌など)