佐賀リトリート – 講話会 –

佐賀では
古湯温泉にある《杉乃家》さんに
大変お世話になりました。


おかみさんは
今年の夏に三六九の儀にお越しになり、

ご縁をいただいて
大変心のこもったおもてなしをいただき、
心も身体もポカポカ。


温泉の湯はやさしく、
気の通った離れのお部屋でゆっくり休むことができ、
新鮮な食材いっぱいのおいしいお食事をいただき
日々のお役目の応援となったのです。


そして、
講話会のために、
みなさんをお迎えするために、
大きなお部屋を開放していただきました!!


そして、講話会には
佐賀の武藤さんの呼びかけで、
たくさんの方にお越しいただきました。

みなさまありがとうございます。


大上院のお話が響いた1時間半、

そして主役はみなさんとなり、
お一人お一人のお話しが響き渡ります。


お一人お一人から語られる
愛の言葉、
気づきの言葉、
苦難の経験、
それぞれのお話は、
お話しするご自身と聞き手の心に染み入り、

私たちにとっても
貴重で素晴らしい時間だったのです。


いただいた声をご紹介します。


自然そのものがカミであって、
自然に感謝し、大切にしていこうと思いました。
(男性)


勝先生の凛とした緊張感と、道子先生の優しさに包まれ、
とっても気持ちのいいひと時でした。
時々見せられる勝先生の笑顔が可愛いかったです💕
いろいろな方々のお話も聞けて本当に参考になりました。

昔は自分に合わない意見の方々は批判しておりましたが、
人には年齢に関係なく魂のレベルがあるようにみえて嬉しく思いました。 (女性)


講演会で、魂は何回でも生き返る事や、
カルマを解消しきれなかったときは来生に持ち越し、カルマを解消出来るまで転生する、ということを学びました。
また、誠実、正直に生きて無執着でなければならないという所が印象に残りました。 (男性)


神や宗教など何を信仰されるかはその方々の自由。
宇宙も全てはひとつで、誰のものでも無くて、それ自体が自分で、全部。
カルマのお話も、しっくりきました。
カルマをはがすことで、人生を豊かにすることができるのだと思いました。(女性)


自然災害というものは
人間によって引き起こされているのだなぁと。
自分も自然破壊に対して加担して生きているので、出来ることから少しでも心がけていきたいです。

また、参加者ひとりひとり色んな悩みやカルマを持ってこの講話会に参加させているんだなと。みんなこころの中で繋がっているんだなあと。
講話会という場に参加できて本当によかったです。ありがとうございました。
いままでこれといって大きな悩みはあまりなかったのですが、50歳を目の前に四方八方から壁が出てきたおかげで良い体験ができました。
講話会という場をつくってくださり、ありがとうございました。(男性)


その当日は気付きというより、
聴くことで精一杯な自分がいました。

ですが、後日講話会に参加してくれた友人達と話すにつれ、あそこに来ていた人達は何らかの関係があってそこにいたり、自分達だけではなくご先祖様も連れて行っていたんだと気付きました。

そして、そうやって、人と人とが感じた事を口に出す事、話し合う事、そういう時間がとても大切だなと感じました。
普段だったら話さない深い話を日常会話として普通にできるようになり、とても嬉しい自分がいました。
私は目に見えない世界というものはまだまだ半信半疑ですが‥そういう世界があると信じたい気持ちの方が強いです。
三六九の儀を受ける前にこの講話会に参加できて本当に良かったと思いました。(女性)

お世話になりました。
みなさまありがとうございます。


再び佐賀に行けることを楽しみにしております。
love All Serve All
MICHIKO

\ ご案内 /
12月14〜15日(土・日)
講話会・カタカムナ in 神戸

開催決定!
>>>詳細はこちらをご覧ください