富士 – 講話会 –

富士山が雪の冠を乗せた11月9日
富士の講話会開催の日を迎えました。


富士で応援をいただいている千恵さんから、

「今日は秋の土用の明け、立冬を迎え、
 天皇の祝賀と、最高の日です。すごいです。」

と、《11月9日》という日の祝辞をいただきました。



今回のお話しは「祈り」


あなたは、
どのように祈っていますか?


自分の願い
家族の願い


《自我》という、
自分に都合の良いことが起こるように、
といった「お願い」

が、ほとんどではないでしょうか?


また、


《願ってはいけない》という教えもあったり、
《〇〇と唱えて祈ってください》など、
教えは様々です。



そして、祈願する多くの場合、

「こうなればいいな」という欲求心から、
「心配でいっぱいだから」という心配心から、
「ご利益が欲しい」という得たい心から、

という祈り方が多いのではないでしょうか?


さて、質問です。
こうして祈って、成就していますか?



祈りは、
【自ら、カミの意に乗る】行為の宣言です。


恐れや不安があるけれど、
恐れや不安をカミさまにあずけ、
感情を超えて祈り、求めます。


欲はあるけれども、
欲を受け取りカミさまにあずけ、
欲を超えて祈り、求めます。


意志の力を発動させて、
自らを動かしながら、
カミの意にのり、カミのお力をいただきます。


人、知恵、仕事、環境、
あなた自身を成長させるために、
最も最適で必要な機会を与えてくださいます。


祈願した内容そのものが成就しなくても、
与えられた〇〇を通して、
自らが成長し、成就します。


講話会にきてくれる方々は、
深いご縁があるのです。


静岡県を超えて、
三重県から、神奈川県から
お話しを聞きにきてくれた方、


富士市で一緒に学び続けてくれている方、


三六九の儀を通して、
見えない世界、霊界とこの世の関係、カミサマのことを
もっと深く知りたい、と来てくれた方、

本当にありがとうございました。


後半は、それぞれのみなさんの経験や、
講話会にくるきっかけなどをシェアして
互いを知る機会となりました。

シェアの内容は、また後日お伝えしましょう。


そして、
主催者の香苗さんから、
終わった後の苦労話をひとつ。


みなさんに来てもらいたくて
奔走していた香苗さん。


お休みが合わなかったり予定が空いていなくて、
苦労が報われず、疲れきっていたのです。


「もう絶対にやらない!!!!』


と、叫び、怒っていたそうです。


告白を聞いて、

「疲れてたのね。もうやらないの?」

と尋ねてみたら。。。


「みなさんの笑顔が嬉しくて。
やる。元気を戻してやりたい」と。



香苗さん、ありがとう。
その苦労は報われます。


そして、人は思い通りにはならないもの。


来れる人は、カミさまが結んでくれたご縁。
だから来れる人は、選ばれた人。


自分の都合が優先なのは、世の常。


自我で生きるか、
自我を超えるか、

意志の力は、
新しいこれからの時代に広がるでしょう。


お世話になりました。
また、必ずお伺いします。


富士山、オオヤマツミのミコト、
そして、コノハナサクヤヒメによばれています。

12月は神戸に伺います。
Coming Soon!



Love All Serve All
MICHIKO


ご案内

\ ご案内 /
12月14〜15日(土・日)
講話会・
カタカムナ in 神戸

開催決定!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
《 講話会・神戸 》
12月14日(土)
15:15-17:45(15:05開場)

《御神言・神戸》
12月15日(日)限定4枠

《カタカムナ・ウタヒを響かせよう》
12月15日(日)10:10-11:50

>>>詳細はこちらをご覧ください