秘書Tの《カルマ体験談・11/29号》


本日のテーマは

【依存症とカルマの関係】

ごきげんよう、角尾珠生です。

こちらは皆様の
《三六九の儀》や《塩盛り》
《カルマ》に関わる体験談を
私が優しく一刀両断しつつ、
解説させていただくコーナーです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tamao_blog.png です


本日はシェア会にてTさんより
伺ったお話をご紹介させていただきます。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は voice-1.png です



【Tさん】

20代でパチンコやパチスロで
ギャンブル依存症になりました。


それで250万ずつ借金しては、
親に返してもらうということを繰り返して総額1000万円借金しました。

そして親に「次はもう返せない」と言われた頃に、
三六九の儀を知って、その後一年間は落ち着いていましたね。

パチンコに行くけど、年三回合計20万円くらい。
今までは行って負けて行っての繰り返しでした。

今思い返すとかなりのクズ。

実は父方の五代前が賭博場を経営していて、その念が影響していたそうです。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gamble_chuudoku_izonsyou.png です

ギャンブルで総額1000万円の借金・・・。
まさに塵も積もれば山となる・・・。
(ちょっと違う気もする)



依存症、この厄介な病。
人は皆、この病の因子を持っています。




通常は発病することなく一生を終えるわけですが、
これにカルマが干渉すると爆発的な威力でもって
何らかの依存症が発病・悪化し、
自他共に傷つき、悲しい結果となります。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は heart_boroboro_kizudarake.png です

もちろん、依存症とは、
個人の問題ではあるのですが、

100%個人の問題かというとそうでもなく、
本人の性格・育った環境・カルマと
様々な事情が複雑に絡み合っている病なのです。



ということは
目に見える世界の【医療】と呼ばれる手段だけで
果たして解決することができるでしょうか?



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tatemono_hospital2.png です



本人の性格や育った環境、
これは目に見える世界で起こったことですから、
その部分に関しては【医療】が役に立つでしょう。



しかし、カルマは、
目に見えない世界で起こったことですから、
【医療】は役に立ちません。


依存症を【医療】で解決することも
もちろん可能でしょう。


しかし、

目に見える世界での手段を駆使しても
解決に至らない場合は、
カルマを解消するしか方法はないのです。



【医療】で解決できないからといって
本人や周囲の人の努力が足りないわけではなく、
それはカルマが関わっていることだから
【医療】で解決できない。



ただ、それだけの理由です。


私達は目に見える情報に頼りがちです。
なぜなら、目に見えるから。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sougankyou.png です



しかし、精神や感情が目に見えないけれど
そこに確かに存在しているのと同じで
カルマもまた目には見えないけれど
そこに存在しています。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 向き合う-1.png です



目に見えるもの、
目には見えないもの、
その両方から解析できるよう
柔軟な判断を心がけたいものです。

ご案内

講話会・カタカムナ in 神戸
開催決定!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

《 講話会・神戸 》
12月14日(土)
15:15-17:45(15:05開場)

《御神言・神戸》
12月15日(日)※満員御礼・キャンセル待ち

《カタカムナ・ウタヒを響かせよう》
12月15日(日)10:10-11:50

>>>詳細はこちらをご覧ください