クリスマスの祝福

イエス・キリストの誕生


クリスマスは「キリストの礼拝」という意味で、
イエス・キリストの誕生日ではありませんが、
12月25日にイエス・キリストの誕生を祝うようになり、
キリスト教の布教と共に世界中に広がりました。


イエス・キリストの誕生は、
2000年前に起こった出来事でした。

そしてこのイエス・キリストの誕生は、
2000年後の今に生きている私たちにとって、
重大な意味を持っているのです。


キリストは、「カミの愛」の体現者であり、
地球という惑星、太陽系のエネルギーである「愛」を
世界に示す役割りを果たしました。


キリストの十字架による犠牲は、
闇の時代だった当時に光を降し苦しむ人々を照らしました。


そして、人々に希望をという光を与えました。


人には救えないと思われた、
地獄のような世の中という闇に光がともり、

その光を受けた人々の心に
喜びと感謝があふれ、生きる力を与えられたのです。


心の闇


私たちは「魂」です。
しかし、私たちには、肉体や感情という「自我」があります。

肉体や感情には、「欲求」があります。
この欲求が「闇」をつくります。

ブッダは、キリスト前500年前に、
このことを「四苦八苦」と説きました。

神様は私たちから縁遠い存在ではなく、
私たちの内にあり、
私たちを慰め、励まし、力づけるのです。

そして、ただそばに立って、
心の戸をあなたに分かる方法でノックされるのです。




もし私たちがそのノックを聞いて心を開くなら、
自分の心にも闇があることも光があることも
正直に認めて「祈る」時、

神は光を降ろし、
愛という光で満たしてくれることでしょう。


クリスマスの意味


キリストは救世主という意味です。

キリストが示したことは、
人の子としてその姿を示し、
「愛と救済」の姿を示したのです。


私たちは、
もし嫌いな人・苦手な人がいたなら、
自然と避けてしまいます。


しかし愛する人のためとなると、
どのような状態であっても、あったとしても、
力になりたい・助けたいと思うでしょう。

神は、そのように全ての人を愛し、
豊かな命、人生を与え続けています。

そして、キリストが十字架によって死ぬ様は、
すべての罪を打ち破り、もはや罪に支配されることがない真の勝利を
私たちに示して下さったことを意味するのだと、聖書は語っています。


このキリストの光は、
今もあなたの内に光として
輝き続けています。



この光を感じる時、
今まで抱えていた闇が消え始めます。


2000年前に起こったキリストの誕生は、
今を生きるあなたが歩む未来の姿です。

クリスマスに、
あなたの内なる真なる愛を

体現してみてください。



輝く命にあふれる光に包まれて、
感謝に満ちた人生となりますように。



Love All Serve All
Michiko