SOTAのSoul Journey 第1話「闇に葬られた黒糖地獄」

記 御神言
~家に流るる罪苦を洗い清め 自由自在となれ~


こんにちは。SOTAと申します。
私も三六九の儀の体験を執筆させて頂くことになりました
どうぞ、よろしくお願いいたします。


私は鹿児島県の奄美群島のなかの、ある島で生まれました。
ざわわ ざわわと さとうきび畑が広がる とても のどかな島です。


風にゆられる さとうきび畑
さとうきびから作られる 甘い 黒砂糖
のんびりとした平穏な南の島…


しかし島には
そのようなイメージとは真逆の悲しみの歴史がありました。


昨年、NHK大河ドラマで放送された「西郷どん」

西郷隆盛の奄美大島での生活が描かれていました。


そこで、薩摩藩代官所による
熾烈な黒糖の取締りのシーンがありました。




私は、テレビを見て涙を流し震えました。


奄美群島(北は奄美・喜界島から南は与論島まで)は、
1609年に薩摩藩により琉球から分断され、薩摩藩の直轄地となり、
税として黒糖を納めなければなりませんでした.

黒糖の徴収は、藩から派遣された代官と
地元の島役人(琉球国の系譜を継ぐ家)により行われていました


私のご先祖は島役人でした。


維新を達成しうるほどの莫大な資金が
どこから生み出されていたのか?

黒砂糖は、商人の町 大阪で 高額で取引され、
まさにドル箱だったのです。


島民は黒糖の売買を許されず、
米などは薩摩から運ばれ、
とても島民には買うことのできない金額で売られていました。


そのため、島民は食糧として、
毒抜きしたソテツの実のデンプンをおかゆ代わりに食べて飢えを凌いでいました。


このような奄美群島における薩摩による支配体制下において、
島役人であったご先祖が、薩摩と琉球の板挟みで苦悩していたこと、
同じ琉球の民を苦しめ、恨みを一身に引き受けることは、容易に想像できました


子孫の私は、
何をするにしても恨まれている感覚。


子供のころから、大人になっても頻繁に風邪をひき、
こじらせて気管支炎になったり、30代で2度も肺炎で入院しました。


あまりにも風邪をひくので、
免疫に異常が無いか精密検査を受けるも、異常なしの結果…

何かがおかしい…

今思えば、
子孫の繁栄は許されないほどの強い想念?



これが「先祖の因縁」であったと知るまで、
長い年月がたちました。



つづく