SOTAのSoul Journey 第5話「琉球侵攻」

第5話では、
薩摩藩による琉球侵攻について、書きたいと思います。

琉球国は、東南アジア・中国・日本など広域で中継貿易を行う独立国でした。
中国の明・清と冊封関係(中華思想による名目的な君臣関係)にありましたが、
政治的、軍事的に拘束を受ける属国とは異なっていました。



1609年、徳川幕府は薩摩藩に対して、琉球征伐を許可します。
琉球征伐の表向きの理由は、琉球国が薩摩藩から借りた借金によるものでした。
しかし、薩摩藩の真の狙いは南海の利権獲得にありました。

借金の発端となったのは豊臣秀吉でした。

豊臣秀吉



秀吉は朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に備えるため、
薩摩藩と琉球国に対しても軍役と、
名護屋城(佐賀県唐津市)築城の夫役(労働)を言いつけます。

琉球国は強い武力を持たないことから、
薩摩藩主・島津家久により、薩摩藩が軍役を持ち、

島津家



名護屋城築城の夫役については、
琉球が 銀子(金銭)により援助することになりました。

そして、琉球国は、
その銀子を薩摩藩から借りることになったのです。

名護屋城



借金の返済については、
琉球国の三司官・謝名(じゃな)親方が窓口でした。


謝名親方



三司官は、王を補佐し、行政を取り仕切る役職でした。
謝名親方は才力の持ち主と言われ、対日強硬派でした。

謝名親方は、薩摩からの使いの僧侶に対して、
借金返済の都合がつかないと曖昧な返事を繰り返しました。


そのことで、薩摩では、
”お金を取り戻すことは困難である”と話が大きくなったとあります。

1609年、
琉球征伐として、島に軍船75隻がやってきました。




港内はびっしりと軍船で埋め尽くされ、
旗は風に吹かれてひるがえり、鎧と剣は日に輝きを放っていました。



船上から大声で、


「琉球国は薩摩から琉球王のために銀子を借り入れた。
その返済方法について、三司官の謝名親方から話が進まず、音沙汰もない。
このため、やむを得ず、道の島を攻め取り、本琉球を攻め打つことになった。
おとなしく降参せよ。」



と命令が下されました。

これに対して、島の統治を任されていたご先祖は、


「もし、謝名親方に非礼があったとしても、
借金の始末についての一役人の話に関することである。

それを盾にとって降参したとあっては、
われら臣下としても国王を侮ることになる。

勝手にわれらが要求どおりに島を明け渡すわけにはいかない。
速やかに帰国されたい。」



と、声高らかに叫びました。

しかし、

「詮索無用である」と
薩軍全軍は鉄砲で打ちかけ、上陸しました。

ご先祖は戦に備え、浜辺で守り固めていた琉球本国の援軍と島民とともに、
敵兵に向かい果敢に戦いました。


一時は、波打ち際へ押し返すほどでしたが、百戦錬磨の薩軍に圧倒され敗れました。

琉球王家



その後、琉球本国において、
国王・尚寧は降伏し、薩摩藩の支配下になることを認めました。



琉球国王



そして、

女神官ノロ制度も崩壊することになります。


ノロ、ユタに対して禁止令が出され、
違反すると遠島処分や処刑されることになったのです。


ある時期から、
家系図にノロの役職の記録が無くなりました。

10年ほど前、縁者と一緒にノロ神様の処刑場へお祈りに行きました…


涙が溢れてきました。

体制を揺るがす存在として、権力者から目を付けられるシャーマン

隠れノロ、隠れユタとなり、その能力を隠しながら、生きていくことになります。

ノロの公的地位は、
最終的に明治政府の琉球諸禄処分法により、消滅することになりました。


薩摩藩が借金地獄となった宝暦治水事件以降、
道の島三島(奄美・喜界島・徳之島)での砂糖総買入制が導入されました。

島では稲作や、サツマイモでさえも栽培が許されなくなり、
サトウキビ栽培を強制され、徹底的に搾取される植民地となります。



那覇世では琉球国の役人として戦った一族は、
大和世では薩摩の役人として、

黒糖の部署で、藩代官所と島民の間に入り、
黒糖を搾取する立場になりました。


島には美しくも悲しい島唄があります。



薩摩の役人は、
裏声や高音を多用する島唄を聞き取ることができません。

そのため、
島唄は島民同士のコミュニケーションの手段となったのです。


つづく