魂の光講座 特集<第3回>鈴木香苗さんの体験

道子先生からのメッセージとともに、
受講中の皆さんの体験&感想をお送りします。

魂の光メッセージ


みなさまへ

《魂の光プラクティショナー》が
 間もなく開校します。

新しい時代、
つまり「霊性の時代」を迎えた今、
待ったなしで次々と
過去のカルマを精算する出来事が起こっています。

2020年は、
オリンピックイヤー・閏年という
特別な一年であると同時に、
大きな大変革の年となります。

その証に新型コロナウィルスという
100年に一度の脅威にも晒されています。


すでに地球と太陽系は
新しい時代を迎える周期に入り、
過去の精算(創造的破壊)と新しい仕組みを
創造する生みの苦難という時期に突入しています。

何が正しくて、何が誤りなのでしょうか?


今こそ、一人一人が自立し自律できるように、
自分自身を磨き育てる時を迎えています。

これから未曾有の災害、経済危機、
混乱や混沌が起こるでしょう。

しかし恐怖や不安に陥ってはなりません。

私たちは「魂」です。


「魂は完全です」


全てを知り、
魂と心と体を整列させ、
魂の本質である愛と光で満たし、
常に輝く存在であることができます。
それが、本来の私たちの姿です。


人々は、わかち合い、助け合い、
個人性を超えて、グループの成長を迎える時、
いずれ、カルマの法則を超える時を迎えます。


私たちも、霊的成長の道を歩む一人です。

楽しいから、喜びへ
満足から、平和へ
正しいから、認め合いへ
独占から、分かち合いへ

世界は変容していくでしょう。

そして、

魂とは何なのでしょう?
人とは何なのでしょう?
存在とは何なのでしょう?

内在する霊性を感じ、
あなたが自分自身の人生を歩みたいと望むなら、
扉はいつでも開かれています。

そして、あなた自身という「存在」を知り、
あなたの誕生した意味や人生の目的を見出してください。

すべての求める人々への扉は
いつでも開かれています。


魂よりお待ちしています。


魂から溢れる愛と光と感謝を込めて
Michiko


早期割引が延長になりました!


今回の受講生の声は、
鈴木香苗さんです。

香苗さんの息子さんであり、
アクエリアスの子である
げんたさんが1歳の時に出会いました。

2人のおかげで、
こどもたちへのメッセージ、
親子へのメッセージを
たくさん受け取れることができました。

第3回 鈴木香苗さんの体験

1. なぜ《魂の光》を受けようと思ったのか教えてください。

先生方のもとで、
もっと学びたい、成長したいと
思っていたからです。


約7年前、
母がご先祖様の儀をお願いすることになり、
私も先生方と出会いました。

その後、
私自身もかかわる家系、土地、背骨も清めていただくうちに、
見えない世界や見えない方々へも意識が広がり、
自分の人生をもう一度見つめ直すことになりました。

「心のコンパス富士」でも、
自分を知る学びを仲間とともに積み重ね、
自分の心を開いていきました。

また、アクエリアスの新しい感覚を持つ息子との日々を通し、
これまで自分で懸命に築いてきた価値観がガラガラと崩れていき、
新しい捉え方で世界を見るようになりました。

そして、日々の中に感謝が溢れるようになりました。

さらに学びたいと願っていた私は、
月に1度ハーモニーサロンへ通い、
身体、心と向き合い、
魂として生きる「霊的成長」を目指していました。

その折に「魂の光」というスクールが開かれると聞き、
新たな仲間と学ぶことを楽しみに申し込みを決めたのです。

そして、母も一緒にスクールに通い始めることになったのです。

2.申し込み当時、どうなりたいと思っていましたか?

自分を信じたいと思っていました。

4年前、次男を出産してから
身体も心もガタガタになり、
身体の敏感さが顕著になったことが重なり、
外出や人と会うことを恐れるようになっていました。

このままでは困ると思い、
自分の身体と本気で向き合っていました。

その間、身体は心や周りの世界と
密接に繋がっていることを体験しました。

痛みや不安が襲ってきたら、

意識を『今』向ける
心と思考を書き出す
全身を整える
細胞に感謝する

など、先生方に教えていただいたことを
一つ一つこなしてきました。

身体も心も自分ではなく
『私は魂である』と唱え続けました。

また、この敏感な肉体に現れる
痛みや違和感も無視するのではなく、
それが伝えてくれているメッセージ、
原因の受け取り方も練習し、
対処できるようになっていきました。

それでも時々大きな不安が襲ってきては、
以前の状態に引き戻されそうになる不安定な自分も感じていました。

だから、もっともっと
自分を信じていきたいと願っていました。

また、この経験や自分という存在を
もっと生かしていきたいという思いも湧いていました。

3.受けて変化はありましたか?

スクールを受け始めた頃に比べ、
かなり自分を信じることができてきています。

また、自分という概念も変わってきていて、
自分は全体の中の一部であるといった感覚もあります。

そして、何より
自分のミッションに向かって動き出せています。


長い間、身体の心配から
抜けきれなかった私ですが、今は、
「新しいようちえん」「新しい親子の学び舎」
を作ると動き出しています。

すごい変化です。

自分を信じ、魂として生きる
と決めたから動けています。

もし、状態が不安定になったとしても、
また安定した状態になれることも
自分で体験してきたから大丈夫と思えています。

体験こそ宝です。

振り返るとスクール受講から再受講中の間に、
面白いくらいに様々な体験と決心の機会をいただきました。


教師としての仕事を退職
次男の幼稚園辞退
非常勤講師として勤務
息子と仲間とペルーへ旅立ち
月山リトリート
父入院
家族大会議
ようちえんづくりの始動

など、
大きな出来事がいくつも起こりました。


その時その時向き合って今があるのですが、
こうして眺めてみると、
すべてが絶妙なタイミングで起こっているのです。

これぞ神様のお計らい。

げんた君とのお写真^^
「後ろに見えるのがマチュピチュで、
立っているところが”太陽の門”というマチュピチュへの入り口」


そして経験を重ねるたびに、
起こる出来事に揺らぎにくくなっている自分がいます。

すべてに意味があることも体験してきたので、
この出来事の意味はなんだろう、
委ねてみようと眺める余裕も
少しずつ生まれてきています。

また、一日一日がとても充実しています。

以前は、自分の感情や思考に
どっぷり陥ったまま動けなくなっていた時間が長かったのですが、
今は感情や思考にはまっても
そんな自分に気づけるようになっています。

だから行動する時間が増えて、
自分のミッションに向かって少しずつ前進できています。
スピードも上がってきています。


おまけですが…
スクール卒業旅行と決めたペルーの旅では、
大地に残る民族のカルマを肌で感じ、
自らの祈りが届き大地と一体になるという体験をさせていただきました。
仲間とともに奇跡を感じてきました。

その直後に行った月山リトリートでも、
大自然との一体感や「神の意に乗る」という
貴重な体験もさせていただきました。


必要な時に必要な体験が与えられていることを実感します。

4.受講を迷われている方へメッセージを

今こそ本気で変わりたい!と思う方であれば、
ぜひぜひ魂の光で「自分とは何か」を学んでみてください。

「あなたは変わる必要はないですよ。すでにあなたの中に全てがそろっています。」と先生は仰ってくださると思いますが、それが本当だと気づかせてくれる場です。

安心して自分の内側を見つめ、正直な自分も出して学んでいけます。



ここでは、何を話しても、何が起きても、全部を愛で見守ってくれます。
先生方は一人一人の成長を信じてくれています。

そして、仲間と経験をシェアし、励まし、成長し合える素晴らしい機会です。
ここでの仲間は、きっと魂の同志となりますよ。


私の場合は、母も共に参加して学んできたので、日常でも気づきを共有できてよかったです。もし身近にも受けたい方がいたら、一緒に受けてみると発見が増えると思います。


早期割引が延長になりました!


魂の光プラクティショナー3期
お申し込み受付中! 

2020年4月26日開講! 東京都内にて

\早期割引・延長!!!/
早期割引の期間が、
3月15日→3月30日に延長になりました
‼︎

▶︎詳細はこちらから
 
▶︎お申し込みはこちらから

講座については、こちらから
お気軽にお問い合わせください!
office@misogi.academy