お盆の期間は御先祖様達が帰ってくるといいますが、本当でしょうか?

令和二年、
新暦7月(新盆)を迎える地域の方々は、
13日が盆入りで16日が盆明けとなります



実際には、お盆の期間は、
御先祖の方々が帰ってくるのと、
また、無縁仏や地縛霊がたくさん
溢れ出す姿が見受けられます。

御神訓の中に、

「人 自然 霊と霊界との
    調和において
      人の世は成り立つ」

という一文があります。



私たちの世が成り立つためには、
人と自然と霊と霊界の調和を
創り出さなければ実現しません



お盆は
その調和を作り出す機会でもあり、
あなたも実践されることをお勧めします



お墓参りされる方は、
その時に使うお水に
少しお塩を入れてみましょう



お墓の土地とその周りに
塩水を時計回りに撒きましょう


お墓参りに行けない場合は、
塩盛りをしましょう。
お供物を一緒に備えましょう


<お盆・感謝の祈り> 


「世界の国々のカルマ、
  民族のカルマが解け清まり、
 世界が平和になり、
    地球社会を実現させ給え」

「父方母方先祖代々の御霊達、
   いつも、ありがとうございます。
 私たちを守り育んでくださり
       ありがとうございます。 

 家に流るる古き罪垢がが清まり、
    皆が霊的成長ができますように 
 
 この土地に縁あるすべての御霊達が
         共催されますように」

 
 
  


皆様の霊的進化と成長をお祈り申し上げます。

大上院勝

お塩盛りって何?

お塩盛りの作法を
きちんと学んでみたい!という方へ

受けてみよう!《塩盛り講座》

お塩盛りの心構え、祈願文の作り方、
塩盛りの方法、塩盛り後の処理、
塩盛りに変化が起きた時の対応などを
学ぶことができます。

ご自宅でZoomで受講できますので、
お気軽にご受講ください。

塩盛り講座の詳細はこちら



※塩盛りをすぐ行えるように、
お盆、半紙、筆ペン、お塩が
セットになった
「塩盛りセット」も準備しています!
ぜひご利用ください。

塩盛りセットはこちら